スポンサーリンク

アイプチで二重メイクする時のコツ

アイプチを使って二重まぶたにしてるのに、うまく二重にならない・・・という方に参考になるように、アイプチのコツを紹介してみます。

アイプチで二重まぶたにすると確かに二重まぶたにはなりますが、上手に使うアイプチのコツが分かっていないと不自然なもとになってしまいます。



アイプチをつける前に二重のラインを確かめる

アイプチのコツは、まずアイプチの液をつける前に二重のラインを確かめることです。

アイプチに付属しているプッシャーやUピン、アメピンなどを使ってふたえラインの付きやすい位置や自然な位置を見つけます。

塗る前にプッシャーなどで押さえて一度二重のラインを付けます。
そしてそのラインが消えてわからなくなる前に急いでアイプチを二重のラインつけて、うちわなどで扇いですばやく乾かし、プッシャーやUピン、アメピンなどで同じところに再びラインをつけます。



二重を作る時のコツ

アイプチの糊はライン全体に付けるのではなく、目頭から中間にかけてのみ付けると自然な仕上がりになります。

アイプチがきれいに付かない理由のひとつとして、アイプチで二重にした後、プッシャーに糊が付いてしまい、まぶたからプッシャーを離す時に汚くなってしまう、という場合があります。

なので、目じりにはアイプチを付けないようにして、アイプチが付いていない目じりを押さえて二重のラインを付けるようにするのがアイプチのコツです。

プッシャーで二重のラインを作るときは、アイプチの糊が付いていないところを押さえましょう(*´ω`*)



まぶたをくっつけないタイプのアイプチを使う

接着タイプのアイプチは、目を閉じたりすると剥がれやすくなり、糊が白くなったり、何かとトラブルが多いですよね。
なので、アイプチのコツとして、「接着式でないタイプのアイプチを使うこと」もおすすめです。

「接着式でないタイプのアイプチ」は、まぶたを閉じても二重がつっぱる心配が少なく、崩れにくいのです。

アイプチをぬった部分がテカるのでアイシャドーを塗らないと少し不自然にはなりますが、くっつけるタイプより、まぶたの皮膚が伸びる心配が少ないかな、と思います。

「ローヤルアイム」「オペラリキッドテープN」などがおすすめです。


楽天市場のローヤルアイムのクチコミを見てみる

貼り付けないタイプのアイプチはまぶたがパンパンで二重にするのが難しい方には向いていないかもしれませんが、使いこなすことが出来ればかなり評判の良いアイプチです。
楽天市場のオペラリキッドテープNのクチコミを見てみる

Sponsored Link

0 件のコメント :

コメントを投稿